16 March, 2014

保険会社の収益性についてのファクターモデルはあるのか?

投資理論における,ファーマ=フレンチの3ファクターモデルについての記述を読んでいて,保険会社の収益性についてもファクターモデルのようなものが考えられるんじゃないか,と思ってググったら,こんな実証研究のペーパーが見つかった。

Hifza Malik, "DETERMINANTS OF INSURANCE COMPANIES PROFITABILITY: AN ANALYSIS OF INSURANCE SECTOR OF PAKISTAN"
http://lii.com.pk/uploads/4/5/5/7/4557001/inurance_companies_profitability.pdf

B. Charumathi, "On the Determinants of Profitability of Indian Life Insurers – An Empirical Study"
http://www.iaeng.org/publication/WCE2012/WCE2012_pp505-510.pdf

パキスタンとインドの研究,,,たまたまなのかどうか知らないけど,なぜかそのへんの地域から。

まず上のパキスタンのほうだけど,概要はこんな感じ。
ABSTRACT Insurance services are now being integrated into wider financial industry and the insurance sector plays an important role in service based economy of Pakistan. Profitability is one of the most important objectives of financial management because one goal of financial management is to maximize the owner's wealth and profitability is very important determinants of performance. This paper investigated the determinants of profitability in insurance companies of Pakistan. Specifically this examine the effects of firm specific factors (age of company, size of company, volume of capital, leverage ratio and loss ratio) on profitability proxied by ROA. A key indicator of insurance companies profitability is return on assets (ROA), defined as the before tax profit divide by total assets (TA). Profitability is dependant variable while age of company, size of company, volume of capital, leverage and loss ratio are independent variables. The sample in this study includes 35 listed life and non-life insurance companies which cover the period of 2005-2009. Secondary data obtained from the financial statements (Balance sheet and Profit/Loss account) of insurance companies, financial publications of State Bank of Pakistan and Insurance Year Book that is published by Insurance association of Pakistan (IAP). The findings show that there is no relationship between profitability and age of the company and there is significantly positive association between size of the company and profitability. The result also shows that the volume of capital is significantly and positively related to profitability. Loss ratio and leverage ratio showed negative but significant relationship with profitability.
Keywords: profitability, determinants, insurance.
だいたい訳してみると,
保険サービスは現在,広義の金融業界に統合されつつあり,保険セクターはパキスタンにおけるサービス産業において主要な役割を果たしている。金融マネジメントにおいて,収益性というのは最も重要な目的のひとつである,というのも,金融マネジメントのゴールのひとつは企業のオーナーの富を最大化することであるあり,収益性というのは企業成績の非常に重要な決定要素であるからだ。このペーパーでは,パキスタンの保険会社における収益性の決定要素について検証をする。特に,特定の要素(設立からの年数,規模,資本量,レバレッジ比率およびロスレシオ)が収益性に与える影響について,考察する。保険会社の収益性をはかる指標としてROAがあるが,これは税引前収益を総資産で除したものとして定義される。収益性を従属変数とし,保険会社の年数や規模,資本量,レバレッジ比率およびロスレシオを独立変数とする。このペーパーにおいては,35の上場企業(生損保)をサンプルとし,2005年から2009年のデータをとった。結論として,収益性と設立からの年数は無相関であり,収益性と資本量とのあいだには統計的に有意な正の相関が見られた。ロスレシオとレバレッジ比率については,収益性とのあいだに統計的に有意な負の相関が見られた。
といった感じで結論まで言い尽くされているけど,補足として,
  • 重回帰分析によって分析がなされた
  • 会社規模を表す変数は,総資産の対数値
  • レバレッジ比率は,純資産に対する負債の比率
  • 重回帰分析の結果,R2は0.898,自由度調整後R2は0.807
といったところでしょうか。

もうひとつのインドの論文だけど,概要はこんな感じ。
Abstract - The Indian life insurance industry is the least profitable market for its shareholders among all Asian countries due to fall in new business premium in 2010-11 in spite of the fact that it has reported net profit of Rs. 26.57 billion in 2010-11 as against net loss of Rs. 9.89 billion in 2009-10. However, the life insures' characteristics that are related to profitability have not been studied in the Indian conditions. In this context, the present study tried to model the factors determining the profitability of life insurers operating in India taking return on asset as dependent variable. This is an empirical study. The sample for this study include all the 23 Indian life insurers (including 1 public and 22 private) and it used the data pertaining to 3 financial years, viz., 2008-09, 2009-10 and 2010-11. For this purpose, firm specific characteristics such as leverage, size, premium growth, liquidity, underwriting risk and equity capital are regressed against Return on Assets. This study led to the conclusion that profitability of life insurers is positively and significantly influenced by the size (as explained by logarithm of net premium) and liquidity. The leverage, premium growth and logarithm of equity capital have negatively and significantly influenced the profitability of Indian life insurers. This study does not find any evidence for the relationship between underwriting risk and profitability.
Index Terms— Profitability, Indian Life Insurers, Financial Performance.
ざっと訳すと,こんなところか:
インドの生保業界は,2009年から2010年の新契約保険料の落ち込みより,アジア各国の中で株主に対する収益性が最も低い。その期間の純利益は26.57bnルピー,純損失は9.89bnルピーであった。しかし,収益性に関連する生保会社の特性は,インドの状況に対しては研究がされていなかった。この論文では,ROAを従属変数として,インドでビジネスを行なっている生保会社の収益性を決定づける要素を検証する。これは実証研究である。23のインドにおける生保企業(うち公営企業が1,民営が22)をサンプルとし,2008-09, 2009-10 および 2010-11の3つの会計年度のデータを用いた。独立変数としてレバレッジ,規模,保険料の伸び,流動性,引受リスク,および株主資本をとり,回帰分析を行なった。結論として,インドの生保会社の収益性に対し,規模(純保険料の対数値として定義)および流動性が統計的に有意な正の相関を持つことが分かった。レバレッジ,保険料の伸び,および株主資本(の対数値)は,収益性に対して統計的に有意な負の相関を持つことが分かった。引受リスクと収益性との関係については,何も得られなかった。
パキスタンの研究と当たらずとも遠からずってとこだけど,補足として,
  • レバレッジは,準備金÷(株主資本+剰余金)として定義
  • 流動性は,資産÷負債として定義
  • 引受リスクは,支払い保険金÷純保険料として定義(≒ロスレシオじゃん)
  • 業界全体の動向,規制の変化などは含まれていない。また,金利や保険会社数,インフレ率などのマクロ環境も考慮されていない
ということでございます。

No comments:

Post a Comment