28 September, 2015

南アフリカのアクチュアリー会正会員は,2015年現在で1091人

IAA SEPTEMBER 2015 NEWSLETTER
http://www.actuaries.org/LIBRARY/Newsletters/2015_September.pdf


  • CERA保有者は42人だとか。
  • 生保・年金部門で51%,13%がショートターム(損保)分野に関わる。



南アフリカの人口は2015年推定で約55mnですよ(ソース)。

25 September, 2015

Swiss Re "sigma, September 2015, Liability insurance in Asia"

アジアのLiability保険の概説といいながら,ジャンル自体のいいおさらいにもなる。

Swiss Re "sigma, September 2015, Liability insurance in Asia"
http://media.swissre.com/documents/Expertise_Publication_Liability_insurance_in_Asia.pdf


Actuarial Post "Aon's 7 emerging risk opportunities for insurance growth”

Actuarial Post "Aon's 7 emerging risk opportunities for insurance growth”
http://www.actuarialpost.co.uk/article/aon----039s-7-emerging-risk-opportunities-for-insurance-growth-8522.htm

The seven key emerging risks identified by the report comprise:
  1. U.S. mortgage credit: Freddie Mac and Fannie Mae are transferring U.S. mortgage market risk in a series of reinsurance transactions, with the potential demand for USD6 billion of reinsurance limit annually.
  2. Sharing economy: with individuals renting out personal assets for money in direct competition with established businesses like hotels and taxis, coverage gaps highlight an immediate opportunity for re/insurers to offer policies which span personal and commercial exposures.
  3. Reputation and brand: the #1 risk identified by the 2015 Aon Global Risk Management Survey.
  4. Microinsurance: offering access to four billion potential new customers, and with opportunities for long-term growth as developing economies gradually become more affluent.
  5. Corporate liability: opportunities for re/insurers to provide cover for giga losses, which require more than USD1 billion of reinsurance limit.
  6. Terrorism: leveraging military-based technology to better understand this risk and improve model competencies, such as accounting for factors that mitigate blast zone damage.
  7. Cyber risk: as data and analytics improve, Aon forecasts that cyber risk will move from complex and undermanaged into the insurance mainstream, where markets can adequately price and transfer risk.

23 September, 2015

ETH "The Loss Given Default in Credit Insurance: Summary"

http://www.cs-pml.org/images/document/CS-PML-Summary-2008-09-23.pdf
(Abstract)
The present PML study investigates the loss given default (LGD) in the trade credit insurance market for large risks (exposure higher than 500’000 Euro). The resulting mean market LGD of 9.5% is mainly determined by exposure reduction prior to settlement of the claim with the customer (pre loss scenario). An intense sensitivity analysis showed that screening of the data is the major part to obtain reliable results.
  • ETHのスタディによると,貿易信用保険の平均LGDは9.5%(EUR500k以上のエクスポージャー)。先行するPASAのスタディ(14%)より小さいが,これはPASAのスタディにおけるデータ収集がシステマティックでなかったことに,主に起因する。
  • 信頼区間は±2.78%,すなわち [6.7%, 12.3%]。
  • median は 4.7%。
  • ETHのモデルでは,デフォルトの前後にフェーズを分けている。デフォルト前のフェース(αフェーズ)では,被保険者の状況によって granted limit が削減されることを仮定している。(Reduction of granted limit: The credit insurance policy allows the insurer to reduce and even cancel credit limit at any point in time in case of signs of potential financial difficulties of the buyer, possibly in several steps. )

29 August, 2015

CAS (Casualty Actuarial Society) Admission Process

http://www.casact.org/admissions/process/

CASのAssociateになるには,以下の要件を満たす必要がある。

Validation by Educational Experience (VEE):
  • VEE-Corporate Finance
  • VEE-Economics
SOAでもVEEはあるけれど,CASのAssociateとしては以上のふたつ(Applied Statistical Methods がない)。日本の証券アナリストの2次試験に受かっていれば,上記のふたつともパス。IAJの準会員では上記のうちEconomicsだけパス。


Two CAS Online Courses:
  • Online Course 1—Risk Management and Insurance Operations
  • Online Course 2—Insurance Accounting, Coverage Analysis, Insurance Law, and Insurance Regulation
The Institutes のプラットフォームを活かしてのオンラインコースと試験(それぞれ2時間25点),でいいのかな。


Exams: どの順番で受けても可(カッコ内はかわりにクレジットが取得できるSOAの試験)
  • Exam 1—Probability(Exam P)
  • Exam 2—Financial Mathematics(Exam FM)
  • Exam 3F—Models for Financial Economics(Exam MFE)
  • Exam 4—Construction and Evaluation of Actuarial Models(Exam C)
  • Exam S—Statistics and Probabilistic Models*
  • Exam 5—Basic Techniques for Ratemaking and Estimating Claim Liabilities
  • Exam 6—Regulation and Financial Reporting (Nation Specific): Actuarial Institute of Chinese Taipei, Canada, United States
* New exam required beginning in Fall 2015 replacing Exam LC (Exam MLC), Exam ST, and VEE-Applied Statistical Methods. However, transition rules allow candidates with credit for either Exam LC and/or Exam ST to take the remaining exam/educational requirements to obtain credit for the new Exam S by August 31, 2016.


CAS Course on Professionalism
年2回,USだけでの開催?


Waiver of Examinations
The CAS recognized the SOA exams listed in the chart below. Candidates who check the "Property and Casualty" field on their preliminary exam application will have the results of their exams automatically updated in the CAS candidate database. Candidates who did not check the Property and Casualty field can have their exam results verified and updated in the CAS candidate database by completing the online form.

22 May, 2015

USのアクチュアリー試験の概要を知るならこれで十分 -> Willyの脳内日記 "米国アクチュアリーについて"

「アメリカ在住の駆け出し大学教員による留学・研究・生活情報、日米社会の考察」と謳っていらっしゃるブログ「Willyの脳内日記」に,「米国アクチュアリーについて」と題したエントリーが掲載されました。

「去る冬学期にアクチュアリー関連の講義を受け持ったので、そのついでに先日、米国アクチュアリー試験の最初の二つ(P/1, FM/2)を受けて来た。また、つい先ほど、大手の医療保険会社のアクチュアリーと話をしてきたので、この機会に米国アクチュアリーのキャリアについて知ってる範囲で少し紹介してみたい。」ということで,USにおけるキャリアの概要・試験の概要・試験対策・試験の様子・試験の難易度・インターンポジションの獲得・日本人が米国アクチュアリーを目指すにはといった点についてまとめられていました。USの試験(少なくともSOAとCASのpreliminary)を知るには,これで必要十分だと思います。

Willyの脳内日記 "米国アクチュアリーについて"
http://wofwof.blog60.fc2.com/blog-entry-652.html

21 May, 2015

SOAのウェブサイトが 2015 Communicator Award of Excellence を受賞|SOA

だそうでございまして。。。2014年12月にリニューアルされましたが,確かに新しいSOAのサイトはナビゲーションが分かりやすく,かついわゆる「レスポンシブ」な作りっていうんでしたっけ,ブラウザの横幅に応じて表示が動的に変化するという作りになりました。

SOA "SOA.org Recognized with Web Awards"
http://blog.soa.org/2015/05/13/soa-org-recognized-with-web-awards-2/

The SOA and web development agency Brightfind recently received communications industry awards for the innovative homepage design of the re-launched SOA homepage-memberSOA.org. The SOA and Brightfind worked together to create a website design that provides technological innovations and flexibility of information for visitors.

Brightfind "Brightfind Wins the Communicator Award for SOA’s Website"
http://blog.brightfind.com/brightfind-wins-the-communicator-award-for-soas-website

In recognition of its distinctive creative work for the Society of Actuaries (SOA) website, Brightfind was awarded the 2015 Communicator Award of Excellence, in the category of Association Websites. Brightfind’s innovative card-based design, with its focus on reusability, provided SOA an extraordinary design strategy for accommodating its highly varied content categories and audiences.

そういえば,いつのまにかSOAのサイトからは,「Risk is Opportunity」というスローガンが消えましたね。

17 May, 2015

SOAで生保数理に相当する Exam MLC (Models for Life Contingencies) を受験しました。その内容と感想など

こんど何の試験を受けるのかって同僚に訊かれて,「Life Contingencies だよ」って答えると,だいたい薄ら笑いを浮かべられて「あーご愁傷さま」みたいな表情をされるんですが,それはひとえにみんな損保が専門だからであって,私は日本の試験で生保数理を受けたときから「嫌いじゃない」と思っていました。あのカチカチした世界が,いかにも「アクチュアリーの勉強してます」という気持ちにしてくれるというか。

で,その生保数理に相当するのが SOAの Exam MLC (Models for Life Contingencies) で,こないだそれを受験しました。生保数理とMLCとの違いが面白かったので,ここらでひとつまとめでもしておこうかと思います。

試験範囲と内容


全体的に言えば,日本の生保数理ほど細かいところまでつっこんで問われるわけではないが幅広い概念の基本的な理解が問われる,という感じでして,MLCに限らずですが,日本のアクチュアリー試験の1次試験は「第2次試験を受けるに相当な基礎的知識を有するかどうかを判定することを目的」といっている割には微細な内容まで問われさらに合格率が意図的に低く抑えられている印象を持たざるを得ないのに対して,SOA(あるいはCASでもいいですが)の preliminary exam は,「もちろん簡単ではないけれど,指定されたテキストで指定された範囲をしっかり理解すれば,概ね合格が見込める」という感覚です(合格率は課目にもよりますが40-50%ぐらいかと)。

以前「SOA の Exam MLC がはるかに難しくなっていた(ことに気付いた)」で書きましたが,試験は選択式マークシートと記述式とで構成され,点数のウェイトは40対60ぐらい。試験時間は4時間。選択式で基準点を満たさないと記述のパートの採点はしてもらえません(採点の労力を考えたら当然ですね)。

指定図書はこちら。以前は Actexの"Models for Quantifying Risk" だったのですが,たしかSOAとCASがジョイントを解消してから,この Cambridge press の本に変わったはず。

Actuarial Mathematics for Life Contingent Risks (International Series on Actuarial Science)
David C. M. Dickson Mary R. Hardy Howard R. Waters
Cambridge University Press
売り上げランキング: 40,223

生保数理との比較


大まかにいえば,日本の生保数理とこの本で紹介される Life Contingent Risks との違いは(あくまで印象で正確に比較したわけではないですが),
  • 日本の生保数理が生命表から始まり,lだのpだのqだのdだのを導入し,そしてさらにCだのDだのMだのNだのを導入し,それらをもとにAだのaだのを計算していくのに対して,Life Contingent Risks は,最初に年齢xの人間がt年内に死ぬ確率をF_x(t)(累積確率関数)と定義し,そして S_x(t) = 1 - F_x(t) を t_p_x と定義し,最初から確率論的な考えでもって話を進める。なので死力の導入も,一般的な hazard rate f(x)/S(x) のひとつとしてスムーズに導入されるし,Aだのaだのも,将来のキャッシュフロー(死亡時ないし生きている限り発生するキャッシュインフロー)の Actuarial Present Value(発生確率を加味した現在価値)として定義される。
    • なので,そのキャッシュフローの期待値がAとかaなわけですが,最初から確率論的な観点に立っているので,その分散(あるいは標準偏差)の算出まで求められる。
  • 日本の生保数理でも多重脱退は考慮するが,Life Contingent Risks は "Multiple state models" として,それをさらに一般的にしたかたちで学ぶ。
  • 日本の生保数理では連生の計算はしっかりさせられた記憶があるが,Life Contingent Risks ではそこはあっさりしている。
  • Life Contingent Risks では,Universal Life insurance が試験範囲としてある。また,Pension / Retirement benefit に関する計算も範囲に含まれるが,日本の年金数理と違って funding method に注目するものではなく,あくまで個人に対して発生するキャッシュフローの問題にとどまる。
といったところでしょうか。。。

最近日本でも「確率論的な生保数理」というスタンスの本が散見され(例えば以下),そしてこれがアクチュアリー試験の参考図書として指定されているようですが,生保数理の教科書としては以前として二見の『生命保険数学』が指定されていますが(もちろんこれはこれで古典でしょうが),いつまでもそんなんでいいのなか,と。(根本的な問題としては,改訂されることのない本を「教科書」として指定している試験が,時代の変化・時代の要請に対応しているのか? ということだと思うのですが)

アクチュアリーのための 生命保険数学入門

岩波書店
売り上げランキング: 25,773

31 March, 2015

アクチュアリーの給与マトリックス|DW SIMPSON

分野別(Casualty, Health, Life, Pension)× 年数別 × 合格した試験科目数別のマトリックスになっています。たぶん単位は USD thousands。

DW SIMPSON "2014 SALARY SURVEY"

http://www.dwsimpson.com/2014_Actuarial_Salary_Survey.pdf

なので例えば「損保アクチュアリーで経験が3- 5 yrsでACASだと,給与レンジはUSD89-123k」ということですかね。

30 March, 2015

Pierre Boulez が選ぶ,20世紀の偉大な音楽トップ10|SOUNDCHECK

編集者だったころの上司がFacebookで紹介していました。

SOUNDCHECK "Pierre Boulez Picks 10 Great Works of the 20th Century"

http://soundcheck.wnyc.org/story/10-great-works-20th-century-pierre-boulezs-90th-birthday/

ストラヴィンスキー「春の祭典」が3番目,マーラー「交響曲第6番」が8番目に。

この記事の著者 John Schaefer は,この本の著者と同じではないかということです。

New Sounds: A Listener's Guide to New Music
John Schaefer
Harpercollins
売り上げランキング: 590,405

20 March, 2015

Review | Maurizio Pollini - Royal Festival Hall - 17.03.2015 | The Guardian & The Telegraph

Royal Festival Hall で観た Maurizio Pollini のリサイタルのレビューが載っていた。僕自身も,演奏は雑だったし,たぶんポリーニの演奏の中では凡庸な出来だと思いましたが,しかしそれでもファンを熱狂させる何か,抗いがたい魅力があるとは思いました。

そんな中で3コールもアンコールの演奏をしたポリーニの心中はどうだったのか。

Guardian "Maurizio Pollini review – thrills with irresistible energy"

http://www.theguardian.com/music/2015/mar/18/maurizio-pollini-review-pianist-chopin-schumann
  • 星4つ。
  • The second half of his latest Festival Hall recital was given over to Chopin’s 24 Preludes, Op 28. Pollini’s performance was less svelte than it once was; the sound is wirier, less seductive, some of the rhythms more uneven, and the textures occasionally cluttered. But nothing was contrived or oversweetened.(後半のショパンの24の前奏曲は,以前ほど洗練されておらず,音はゴワゴワ,魅惑も薄れ,いくつかのリズムは不安定で,質感は時に雑然としていた。しかし,嘘っぽさや過剰な甘さもなかった)

The Telegraph "Maurizio Pollini, Royal Festival Hall, review: 'the cheers of the crowd felt strange'"

http://www.telegraph.co.uk/culture/music/classicalconcertreviews/11476943/Maurizio-Pollini-Royal-Festival-Hall-review-the-cheers-of-the-crowd-felt-strange.html
  • 星3つ。
  • It was very hard to resist the halo effect at Tuesday night’s concert from pianist Maurizio Pollini. He’s been among the top rank of pianists since 1960, and his wonderful Chopin and Schumann recordings are part of the fabric of many music-lovers’ lives. Several hundred extra seats were laid out at the back of the Festival Hall stage to accommodate the fans, and the quiet when he played was unusually intense.(火曜夜のポリーニの演奏からハロー効果を取り除くのは難しい。1960年からトップランクのピアニストであったポリーニ,彼のショパンとシューマンの素晴らしい録音は,多くの音楽愛好家の生活の一部だろう。数百の追加シートがステージの後方に設置されてファンを受け入れた。)
  • The problem was that this urgency was no longer balanced by Pollini’s old feeling for piano sonority. This became especially acute in the recital’s all-Chopin 2nd half. Here and there, as in the 3rd Scherzo (which Pollini played as an encore), one caught a glimpse of the old magic. But in the 24 Preludes his touch was unremittingly hard. The rain-drops in the famous Raindrop Prelude were more like hail-stones. Pollini’s playing was like an uprooted plant; the shape was still there, but the sap had gone.(問題は,この切迫感がピアノの響きに対するポリーニの古い感覚ともはやバランスがとれていないことだ。これが特に激しくなったのは,ショパンで固められたリサイタルの後半。ところどころで,スケルツォ第3番(アンコールで演奏された)のように,オールドマジックが垣間見えたときもあった。しかし24の前奏曲では,彼のタッチは絶えずハードだった。有名な"Raindrop"前奏曲での雨粒は,どちらかといえば雹のようだった。ポリーニの演奏は,土から抜き取られた植物のようだ。形はそのまま残っているが,活力は消えてしまっている。
  • To hear the cheers of the crowd after this disappointment felt strange indeed.(このような落胆のあとで観客の歓声を聞くことは,本当に変な感じだった)

18 March, 2015

[本]ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』草思社

これもKindle化されていて良かった。単行本で買ったときは読むのに難儀したのに,今回スラスラ読めたのはどうしてだろう。

銃・病原菌・鉄 上巻
銃・病原菌・鉄 上巻
posted with amazlet at 15.03.18
草思社 (2013-07-12)
売り上げランキング: 1,621

銃・病原菌・鉄 下巻
銃・病原菌・鉄 下巻
posted with amazlet at 15.03.18
草思社 (2013-07-12)
売り上げランキング: 3,063

これを読んで思ったのは,よく「日本人は農耕民族で,欧米人は狩猟民族で,だからxxx」というのがあるけれど,それってかなりテキトーなものの言い方だったのだなぁということ。この本によれば,狩猟生活から農耕生活へとその生活様式を変えることで,人間(あるいはその集団)は初めて「文化的」は活動が行なえ,そしてそれをいち早く獲得する条件がそろっていたのがユーラシア大陸だったからこそ,それが最終的には現代の欧米文化の世界的広まりにつながっている,ということになるので。。。

[本]結城浩 『数学ガール/ガロア理論』SBクリエイティブ

『数学ガール』シリーズの最新刊,『数学ガール/ガロア理論』。あみだくじから始まる「僕」と「ユーリ」との会話が,自然にガロア理論につながっていく展開に感心しながら,これまで何度も学びたくても二の足を踏んでいたガロア理論の大筋が追えることに,この上ない喜びを感じています。

数学ガール/ガロア理論
数学ガール/ガロア理論
posted with amazlet at 14.07.31
SBクリエイティブ株式会社 (2014-07-24)
売り上げランキング: 3,068

[本]塩野七生『ローマ人の物語』新潮社

Kindleで読めて,たいへん重宝しております。


ローマは一日にして成らず──ローマ人の物語[電子版]I
新潮社 (2014-04-25)
売り上げランキング: 437

ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II
新潮社 (2014-05-09)
売り上げランキング: 1,151

勝者の混迷──ローマ人の物語[電子版]III
新潮社 (2014-06-06)
売り上げランキング: 1,963



パクス・ロマーナ──ローマ人の物語[電子版]VI
新潮社 (2014-08-22)
売り上げランキング: 3,090

悪名高き皇帝たち──ローマ人の物語[電子版]VII
新潮社 (2014-09-19)
売り上げランキング: 5,113

危機と克服──ローマ人の物語[電子版]VIII
新潮社 (2014-10-17)
売り上げランキング: 2,669

賢帝の世紀──ローマ人の物語[電子版]IX
新潮社 (2014-11-21)
売り上げランキング: 1,661

すべての道はローマに通ず──ローマ人の物語[電子版]X
新潮社 (2014-12-19)
売り上げランキング: 14,100

終わりの始まり──ローマ人の物語[電子版]XI
新潮社 (2015-01-16)
売り上げランキング: 1,177

迷走する帝国──ローマ人の物語[電子版]XII
新潮社 (2015-02-20)
売り上げランキング: 2,452

最後の努力──ローマ人の物語[電子版]XIII
新潮社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 1,981


[本]モードリス・エクスタインズ『春の祭典 新版――第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生』みすず書房

原書のKindle版とみすずからの翻訳とで,すごい価格差ですが。。。

春の祭典 新版――第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生
モードリス・エクスタインズ
みすず書房
売り上げランキング: 473,498



確か「ピナ・バウシュ 春の祭典」でググったら出くわした。みすず書房のページはこちら:
http://www.msz.co.jp/news/topics/07503.html
http://www.msz.co.jp/book/detail/07503.html
〈幕が上がり、踊り手が登場し、高く飛び跳ねてトウダンスのステップを踏むが、彼らは伝統を無視し、外足で踏むべきステップを内足で踏む。たちまち客席に怒声が飛びかい、非難の声が上がる。…… 観客の高尚な趣味と自尊心は手酷く傷つけられた。客席の抗議はそこに発していたのだ。侮辱されたと感じた者は踊り手をなじったが、逆に『祭典』の支持者からは喝采がわき起こり、こうして戦いがはじまった。〉

1913年5月29日、パリのシャンゼリゼ劇場を大混乱に陥れたバレエ『春の祭典』の初演から、第一次世界大戦の西部戦線での塹壕戦と新しい兵器、1914年のクリスマスイヴに行われた〈敵兵との交歓〉、リンドバーグの大西洋単独横断飛行への興奮、空前のベストセラーとなったレマルクの『西部戦線異状なし』、そしてヒトラーへの賞賛とナチス崩壊まで。兵士の実像とトラウマ問題に着目し、大戦後のヨーロッパの絶望と熱狂を追った、壮大かつ読みごたえのある文化史。

目次
地図
謝辞
はじめに

プロローグ ヴェニス
第1幕
第1場 パリ
生贄の踊り/一九一三年五月二十九日/シャンゼリゼ劇場/ディアギレフとロシア・バレエ団/反乱/対決と解放/観客/成功というスキャンダル
第2場 ベルリン
聖なる春/序曲/技術/首都/クルトゥーア/文化と反乱/文化としての戦争
第3場 フランドルの戦場で
異郷の戦場にて/八月の砲声/地には平和を/なぜ起こったか/ヴィクトリア朝時代/紅茶に入れる蜂蜜はまだありますか
第2幕
第1場 戦争の祭典
戦場のバレエ/主旋律/価値の転換
第2場 狂気における理性
軍の規律に服して/義務/
第3場 聖なる踊り
軍神/会衆
第4場 内面への旅路
芸術としての戦争/形式としての芸術/芸術と道徳/前衛
第3幕
第1場 ナイト・ダンサー
現代のキリスト/スター/忘れてはならない/旅程と象徴
新世界と旧世界/ロシア・バレエ団の残照
第2場 記憶
戦争ブーム/死のなかの生/名声/雲の手品師
第3場 終わりのない春
目覚めよ、ドイツ!/戦争体験/生としての芸術/現実としての神話/終わりのない春

訳者あとがき
原注
参考資料
索引

著訳者略歴

27 January, 2015

[本]岩波基礎数学選書 全16冊

大学生のときはぜんぜん真面目に数学を勉強していませんでしたが,数学の本は好きでした。「全集」になると,なおさら好きです。読みもしない本を買っては,お金に困ると古本屋に売って,,,というのを何度も繰り返していました。苦学生気取りでいましたが,「そんなん苦学生ちゃうわ」と言われていたのを思い出します。

高校の修学旅行で京都に行ったとき,京大近くの古本屋「吉岡書店」で1冊の本を買いました。それが小平邦彦の『解析入門』で,まだ「選書」として1冊の本にまとめられる前の,岩波講座「基礎数学」シリーズの1冊。小平の『解析入門』は5分冊で,そのうちの第1分冊だけ買ったように記憶しています。受験勉強の合間に読んでいましたが,この本は「デデキント切断」で実数を定義するところから入っているもので,最初に読んだときは「大学の数学はこれほども高校までの数学とは違うのか!」と驚きました。
現代数学の基礎を感覚的にわかりやすく解説することを目標に編集された岩波講座「基礎数学」.本選書は,この中から,学部程度の学習内容に相当するものを選んで,新たに問題の解答・ヒントを付し,編集しなおした.
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/1/007801+.html
そんなこともあり,その「基礎数学」の一部を編集しなおした「岩波基礎数学選書」は,数ある数学シリーズ本の中でいちばん愛着があります。ブツとしてであれば選書より分冊の基礎数学のときの方がさらに愛着があったというか,コレクター魂がさらにくすぐられていたのですが,選書でも分冊でも変わらないのは,本文の組版の美しさ。今の基準からすれば文字の大きさは小さ目で,内容に真剣に向き合うことが求められているような,緊張感があります。のちに岩波書店が新たな数学シリーズとして「現代数学への入門」を発表したとき,その組版の美しさが失われて落胆しました。

そういえば,この基礎数学選書は函入りなのですが,学生時代は本を買うたびに「頻繁に読むから函なんてジャマなだけだ!」と大見得切っては函を捨て,結局読まずに上記のように吉岡書店に売りに行き,店の親父から「函ってのは本にとって服みたいなもんなんだよ。娘を嫁に出すとき,裸で嫁には出さないだろ?」などと言われ,安い値段でしか買ってもらえませんでした。


「岩波基礎数学選書」全16冊
監修:小平邦彦
編集:岩堀長慶河田敬義藤田宏小松彦三郎田村一郎服部晶夫飯高茂

全巻の構成
  • 線型空間・アフィン幾何 (伊原信一郎,河田敬義)
  • ジョルダン標準形・テンソル代数 (杉浦光夫,横沼健雄)
  • 2次形式 (田坂隆士)
  • 群論 (近藤武)
  • 環と加群 (山崎圭次郎)
  • 体とガロア理論 (藤崎源二郎)
  • ホモロジー代数 (河田敬義)
  • 集合と位相 (彌永昌吉,彌永健一)
  • 解析入門 (小平邦彦)
  • 現代解析入門 (藤田宏,吉田耕作)
  • 複素解析 (小平邦彦)
  • 関数解析 (藤田宏,黒田成俊,伊藤清三)
  • 確率論 (伊藤清)
  • 多様体論 (志賀浩二)
  • 位相幾何学 (服部晶夫)
  • 微分幾何学 (佐々木重夫)
線型空間・アフィン幾何 (岩波基礎数学選書)
伊原 信一郎 河田 敬義
岩波書店
売り上げランキング: 1,095,784


ジョルダン標準形・テンソル代数 (岩波基礎数学選書)
杉浦 光夫 横沼 健雄
岩波書店
売り上げランキング: 666,214


2次形式 (岩波基礎数学選書)
田坂 隆士
岩波書店
売り上げランキング: 541,680


群論 (岩波基礎数学選書)
群論 (岩波基礎数学選書)
posted with amazlet at 15.01.27
近藤 武
岩波書店
売り上げランキング: 619,774


環と加群 (岩波基礎数学選書)
山崎 圭次郎
岩波書店
売り上げランキング: 1,018,588


体とガロア理論 (岩波基礎数学選書)
藤崎 源二郎
岩波書店
売り上げランキング: 740,477


ホモロジー代数 (岩波基礎数学選書)
河田 敬義
岩波書店
売り上げランキング: 527,126


集合と位相 (岩波基礎数学選書)
彌永 昌吉 彌永 健一
岩波書店
売り上げランキング: 919,641


解析入門 (岩波基礎数学選書)
小平 邦彦
岩波書店
売り上げランキング: 982,470


現代解析入門 (岩波基礎数学選書)
藤田 宏 吉田 耕作
岩波書店
売り上げランキング: 225,327


複素解析 (岩波基礎数学選書)
小平 邦彦
岩波書店
売り上げランキング: 642,412


関数解析 (岩波基礎数学選書)
藤田 宏 伊藤 清三 黒田 成俊
岩波書店
売り上げランキング: 134,466


確率論 (岩波基礎数学選書)
伊藤 清
岩波書店
売り上げランキング: 232,166


多様体論 (岩波基礎数学選書)
志賀 浩二
岩波書店
売り上げランキング: 529,080


位相幾何学 (岩波基礎数学選書)
服部 晶夫
岩波書店
売り上げランキング: 825,478


微分幾何学―曲面論 (岩波基礎数学選書)
佐々木 重夫
岩波書店
売り上げランキング: 1,173,974



小平邦彦『解析入門』は,さらに「軽装版」として新たなバージョンが生まれました。中身は変わっていなく,ハードカバーの1冊がソフトカバーの2分冊に変わっただけですが,何の感慨も抱かせない表紙を見ると,中身まで軽装になったのではないかと思ってしまい,残念です。

軽装版 解析入門〈1〉
軽装版 解析入門〈1〉
posted with amazlet at 15.01.27
小平 邦彦
岩波書店
売り上げランキング: 67,053

軽装版 解析入門〈2〉
軽装版 解析入門〈2〉
posted with amazlet at 15.01.27
小平 邦彦
岩波書店
売り上げランキング: 232,404

23 January, 2015

[本]川北稔『イギリス 繁栄のあとさき』講談社学術文庫

保険やアクチュアリーとはまったく関係ないのですが,イギリスで働き暮らしていると,より深くイギリスの歴史や文化について知りたいと思うようになり,手にした本です。(といいつつ,Kindleコンテンツをダウンロードしたので,「本」を「手にした」わけではないですが。)

リンク先のカスタマーレビューにあるように,この本は
  • 世界システム論を援用しながら、これまでのヘゲモニー国家であるオランダ、イギリス、アメリカのうち、専門であるイギリスの歴史を中心に、「繁栄のあとさき」を辿るエッセイである
というものでして,エッセイであるがゆえに何か体系的な知識が得られるというわけではないですが,その一方で,すでに繁栄の時代を終えたと思われる日本がイギリスの繁栄(の“あとさき”)からどんな示唆が得られるか,それがさまざまな角度から眺めることができて興味深かったです。


イギリス 繁栄のあとさき (講談社学術文庫)
講談社 (2014-04-25)
売り上げランキング: 7,772

  • 一七世紀末に,東インド会社や南海会社とならぶ国債の引き受け機関として,イングランド銀行を創立し,戦時国債を容易に発行しえたイギリスは,圧倒的に優位に立ったのである。経済史上,「イギリス財政革命」として知られている現象である。
  • ヘゲモニーには,農業と鉱工業の生産,商業,金融の三つの次元が区別でき,それらすべての次元で圧倒的優位を確立した状態が,本当のヘゲモニー国家だと言われている。しかも,それぞれの優位は,この順に成立し,この順に崩れていく。
  • 週末は飲んだくれて,二日酔いの月曜日は仕事をしないという,伝統的な職人たちの「セント・マンデイ」(聖月曜日)の習慣の打破こそは,初期の経営者たちの一大関心事であった
  • 一九七五年頃の調査でも,イギリス人は一人あたりの砂糖消費量は世界のトップにあり,年間およそ五〇キロ以上を記録している。イギリス人のカロリー源の二割近くは砂糖である。
  • リヴァプールの奴隷貿易こそが,その後背地マンチェスターの綿工業の生みの母だったのである。
  • 後に「中核」の位置に到達する地域は,むしろニューイングランドや鎖国日本のように,世界システムから比較的外れていた地域であることが多い。「中核」の資本が大量に投下されて,「低開発化」されることがなかったからである。
  • そこ(『ジェイン・エア』)に描かれた世界は,工業社会の出現などとはまったく無関係に,地主ジェントルマンの価値観の優越する「古きよき世界」そのものであると言われてきた。
  • エミリ・ブロンテの『嵐が丘』やジェイン・オースティンの『高慢と偏見』など,この時代の女流作家によって描かれた世界は,このような社会背景のもとにおいて理解すべきものである。
  • イギリスにおいてさえ,チョーク質の軽い土壌に恵まれ,農耕が容易であったうえ,金融業の発達したロンドンを含む東南部と,農耕が困難であったために,牧畜と副業としての手工業の展開した――したがって,産業革命のふるさととなった――マンチェスターなどの北西部との格差は,つねに指摘されている。
  • タバコ植民地を含むアメリカ大陸の植民地人は,ひたすら課税の対象とされながら,イギリス議会には一人の代表も送ることができず,したがって,その利害は絶えず抑圧されていた。「代表なくして課税なし」が,植民地人の独立運動に向かう共通のスローガンになったことはよく知られている。
  • 大英帝国は工業化の産物なのではなく,大英帝国こそが産業革命の前提だったのである。イギリスは,工業化によって世界を支配したのではなく,世界システムに組み込まれることで,一六世紀以来の危機を脱出し,経済成長が可能になったのである。
  • 近世イギリスの社会的・経済的リーダーが,経済合理主義をこととしないジェントルマンだったからこそ,イギリスは自由放任をこととするような「軽い政府」の下にありながら,社会的資本を整備することができたのである。
  • 貴族,ジェントルマンといった中世の遺物ともいうべき人間類型を存続させているからこそ,イギリスは,工業生産の面ではいかに「衰退」しても,社会や文化のレヴェル,ひいては広い意味での生活水準の点では,さして低下していないと言えるのかもしれない。
  • キリスト教の世界では,人間に与えられた時間,つまりアダムとイヴが楽園を追放されてから最後の審判までの時間というのは,神が人間に課した試練の時間であった。言いかえれば,人間の歴史とは,神の時間そのものであった。したがって,神によって与えられた試練の時間を利用して金儲けをする,などということは許されない。とすれば,利子というものは成立しえない。中世に「ウスラ」として知られた徴利禁止の考え方は,こうして生まれた。
  • イギリスで商工会議所の初代会頭となった陶器業者ジョサイア・ウェッジウッドの経営文書などを見ると,労働者に「時間を守らせる」ということが,当時の経営者にとっていかに深刻な課題であったかがわかる。
  • プロテスタンティズムが資本主義をもたらしたという,マクス・ウェーバーのよく知られたテーゼは,歴史的にはまったく支持できないものの,ピューリタンの説教が労働者のあいだの「時間規律」の確立に一定の役割を果たしたことは,ほぼ間違いない。
  • 「生き甲斐」を論じる人びとは,しばしば「遊ぶために働く」ことを新しい理想ででもあるかのように喧伝しがちである。しかし,それはまた,「レジャー産業のために働いている」ようなものである,という事実をも指摘しないわけにはいかない。
  • ライフサイクル・サーヴァントは,社会的には「半人前」であり,「通過儀礼」的なステイタスであることから,ほぼ今の日本における学生身分に当たると考えてよい。いまだに「学割」制度があるのは「学生」というものを半人前と見る習慣の名残でもあるだろう。
  • イギリスには,「地方都市の文化」と言えるものはない,と思う。イギリスにあるのは,都会の文化としてのロンドンの文化と,地方の農村文化のみである。
  • こうした南北問題という観点から言えば,サッチャー政権の経済政策には何の新味もなく,中・北部製造業のいっそうの衰退とロンドンの金融界の盛況をもたらしただけ,と言うことができる。
  • イギリスの農村は実に美しい。地主ジェントルマンを一貫して支配階層としてきたこの国では,ジェントルマンの拠点である農村はつねに文化的に価値のある場所であり,文学や芸術での「農村回帰」は絶え間なく繰り返されてきた。狐狩りをする森を持たない人間は,この国では真のジェントルマンではありえなかったのである。
  • 一八世紀イギリスの最大の観光地となったこうした公園は,着飾った人びとが互いに「見たり見られたりする」場所,つまり自己顕示の場として,来訪した外国人の讃嘆の的となった。
  • 近世のイギリスにおける犯罪史では,密輸と密猟が,最大の特徴となった。ジェントルマンの趣味として,複雑な規則に従って行なわれる「狩猟(ゲーム)」のために,その対象とされている鳥など特定の小動物を,庶民が捕ることを禁止する「狩猟法」が創られた。しかし,かねてこうした小動物を蛋白源としていた民衆は,これを無視したため,狩猟法違反が,記録に残された犯罪の圧倒的多数を占めることになったのである。
  • 社会改良家としての彼(アーノルド・トインビー)の名声は,今もイーストエンドに生きている貧民救済施設,トインビー・ホールにその名残りをとどめている。
  • ヨーロッパだけが「近代化」ないし「資本主義化」でき,日本を含むアジアは,絶対的に「停滞」するしかないのだと考えられていた時代には,「プロテスタンティズムの倫理」が「資本主義の精神」の誕生に関係していたのだと言う,マクス・ウェーバーの学説がありがたられた。
  • ところで,やがて,「日本だけはヨーロッパ並み」となると,日欧に共通するものとして,「封建制度」の経験が決定的ファクターと見なされたわけである。
  • 今日,毎年のように渡欧する若手の歴史家からは,カルチャー・ショックの経験を聴くことはあまりにも少ない。それがグローバリゼイションの結果としての彼我の文化的差異の縮小の反映であるかぎり,とくに問題はない。しかし,それが,日本人の文化的感受性の退化を意味しているのなら,望ましいことではないようにも思われる。

余談ですが,先日Uberで手配したタクシーでヒースロー空港まで行ったのですが,そのときの運転手(イタリア人)がやたらに「イギリス人は何も作ってないじゃないか。ただカネを貸したり不動産を貸したりして,それでお金を稼いでいるだけじゃないか」と文句ばっかり言ってて,(そんなにイギリスに文句ばっかりあるならクニに帰ればいいじゃないか)と内心思いつつも,でもなかなか本質を言い当てているのではないかな,と思ったりして。